読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AoiMoeのおはなし

アイカツロス症候群のリハビリ活動二次創作

星宮いちご、結婚します! ~ 神崎美月編

いちご、結婚するってよ アイカツ! アイカツ!二次創作

潮の香りに包まれて

「お待たせしました、ワッフル10個です」

「うん、ありがとう!」

「いつもありがとうございます」

「また来るねー」

いつものワッフル屋さんで差し入れを買って、すぐ隣の倉庫に入る。……見た目はタダの倉庫だけれども、ここに美月が事務所を構えてから、もう8年になる。

「ほのかっち、おっはよー」

「あら、みくる、今日は少し早いのね」

「うん、いつもより道が空いてて、配達が早く終わっちゃったから」

「美月も、もうすぐレッスンが終わると思うから、上がって待ってたら?」

「うん、そうするー」

階段を上って、二階のレッスンルームに向かう。

~♪

Take Me Higher》の最後のキメが聞こえてきた。どうやらトライスターのレッスンが終わったようだ。

(がちゃっ)

「やっほー、美月」

「みくる、おはよう。ちょうど今、レッスンが終わったところよ」

「かえでとユリカも久しぶりだね」

「Oh、みくる、元気してたー?」

「みくるさん、お久しぶりです」

「はい、これ差し入れー」

ワッフルの箱をテーブルに置いて展開する。

「わあ、いつもありがとう」

「二人も食べて食べて」

この後、休憩を挟んで、あたしと美月のユニット、WMのレッスンをすることになっている。美月は例によって忙しく世界中を飛び回っているので、二つのユニットのイベントが重なっている時には、こうして一日の間で続けてトライスターとWMのレッスンをすることも珍しくない。これが今のあたしたちの日常だ。

「さっきのターンはこうやって……」

休憩中に、美月がレッスンのダメ出しをするのも、いつものこと。

「美月、ここはもっとこうして……」

「あら、かえで、むしろそこはこうじゃなくって?」

美月の一年後輩のこの二人も、いまや頼もしくなって、美月にいろいろな提案をするようになったのも、いつものこと。

「もう、三人とも、レッスンは終わったんじゃないのー」

……でも、この日は、いつもと違うことが起こったんだ。

(がちゃっ)

「おつかれさまでーす」

そう言って入ってきたのは、星宮いちごちゃん。

「あら、いちご。ここに来るなんて珍しいわね」

「このタイミングなら、ちょうど美月さん、レッスンの合間の休憩時間だよって、あおいが教えてくれたんです」

恐るべし、霧矢あおいちゃんの情報網。

「実は、美月さんに報告がありまして……」

「あら、何かしら」

「私、こんど結婚するんです」

……

「「ええーーーー!?」」

少しの沈黙の後、ユリカとかえでの驚く声が重なった。

「結婚って、いちご、あなたいつのまに……」

「Marriage? Really?」

「うん、ホントホント」

二人に向けてニコニコするいちごちゃん。そして、目を丸くしながらそんな三人の様子を眺めていた美月は、

「驚いた……いちごにはいつも驚かされてばかりね」

と言って、少し微笑んだ。

「えへへ、やっぱり美月さんには直接報告したくて」

「こんな素敵なことはないわね。……それじゃ、改めて、いちご、おめでとう」

「Congratulations!」

「このユリカ様も祝福してあげないこともなくもなくもなくってよ」

「ほえー……いちごちゃん、おめでとうね」

若干状況に付いていけず、ちょっと間抜けな声を上げてしまった。

「みなさん、ありがとうございます」

深々とお辞儀をする。

「それで、いちご、結婚してもアイドルは続けていくんでしょ?」

「やっぱり分かっちゃいましたか。はい、これからも頑張ってアイカツしていきます」

「ふふっ。でも、結婚となると、いろいろと難しいこともあるんじゃないかしら」

「はい、織姫学園長からも同じことを言われました。でも……」

「どんな困難でも乗り越えていく……のよね。やっぱりいちごはそうじゃないとね」

「はいっ」

困難……。

「そうだ、いちごちゃんに良いものをあげる」

そういって、あたしはカバンの中から、大輪の青紫色の花を取り出した。

「これは……?」

「ムーンサファイア。カーネーションの一品種なんだけどね、青いカーネーションっていうのは本当に珍しいの。うちでは育ててないのだけれども、これで作ったブーケが欲しいってお客様がいたから切花を取り寄せたのよ。それで、一輪余ったから、このレッスンルームに飾ろうと思って持ってきたんだけど……。でも、これも運命だね。この花は、今のいちごちゃんにぴったり」

「というと?」

「青いカーネーションを咲かせる方法は、いくつかあるのだけど、どれもすごく難しいの。その困難を乗り越えて咲いたこの花に付けられた花言葉は《永遠の幸せ》。だから、これは結婚式のコサージュやブーケの定番なのよね。……ちょっと待っててね。じゃあ、みくるのミラクル、見せちゃおっかな」

道具箱を取り出して、花を加工する。

「……さてと、こんなもんかな……」

5分ほどで、髪飾りに仕立て上げた。

「いちごちゃん、こっちに来て」

右のこめかみの少し後ろ側に取り付けてみる。

「Amazing……」

「すてき……」

興味津々といった表情で眺めるかえでとユリカ。

「うん、こんなもんかな」

 我ながらよくできたかも。

「うわあ……」

レッスンルームの姿見で、自分の姿を確認したいちごちゃん。

「こんな素敵なプレゼント、本当にありがとうございます」

「いやあ、喜んでくれて、うれしいなあ」

この瞬間のために、あたしはお花屋さんをやっているんだと、改めて実感した。

「ねえねえStrawberry、それで、どんな人と結婚するの?みんな知ってる人?」

「んー、一般のサラリーマンだから、今度みんなにも紹介するね」

「いちご、そんな人とどこで知り合ったのよ。教えないと、血を吸うわよー」

「きゃーーーー」

……と、そんな感じで、楽しい休憩時間になりましたとさ。