読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AoiMoeのおはなし

アイカツロス症候群のリハビリ活動二次創作

星宮いちごの一日背後霊になった話 ~ 解説

本編はこちら:

aoimoe.hatenablog.com

 

今回の解説は手短に箇条書きで。

  • 年齢を18歳のスターライト学園卒業後にしたのは、生徒児童が事故を起こすといろいろ面倒くさそうだなあという発想。最初は同じ発想で成人(20歳)にしたが、後でWake up my musicを持ち出す展開を思いついたので、懐メロガールライブオーディション(31話)から5年で区切りがよいので18歳に直した。
  • 光石記念病院。たぶん織姫学園長の家はどっかの財閥かなんかなので、病院の一件や二件持ってそう、という発想。芸能人や政治家御用達の病院なので、変なところに通用口が用意してある、という設定。
  • タイトル先行の話で、最初はもう少し軽い感じに、誰にも見られてないと本人は思っているいちごの一日をあおいがこっそり背後霊になって追っかけていくみたいにしようと思っていたが、魂が抜けちゃう状況を作っていくと、どうしてもそれなりに深刻な感じになってしまうのであった。それなら……ということで、今回は、いちごが煩悶する話に。
  • お稲荷さんも、最初は「おいしくない……」という展開にして徹底的に暗い話にしようかとも思ったが、書いてて嫌になってきたので、ここを転換点にした。
  • あおいの霊を体に戻すきっかけとして、いちごに何か歌わせようと考えたのだが、いちごとあおいが二人で歌ってる曲はほとんどないので困ってしまう。デュエットでの持ち歌が「青い苺」しかなくて、これはどう考えても違うし、本編だと「アイドル活動」か「Wake up my music」しかない。結局消去法で後者しかないのだけれども、これは、案外マッチしているので(Wake upだし、31話のエピソードでいちごがあおいの手を引っ張る展開が良い)、これをベースに話を考えた。
  • 蘭ちゃん先輩は今回もバイプレイヤーということで。
  • 霧矢先輩のカテーテルになりたい。