読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AoiMoeのおはなし

アイカツロス症候群のリハビリ活動二次創作

星宮先輩は言った――あかり、大丈夫?おっぱい吸う?

星宮先輩は言った――あかり、大丈夫?おっぱい吸う? アイカツ! アイカツ!二次創作
注意事項

まあR15くらいやね。

星宮先輩は言った――あかり、大丈夫?おっぱい吸う?

「ああっ、もうあんまり時間がないよおー!!」

私、大空あかり、中学三年生。アイドルやってます。みんなも知っての通り、私は中学一年生のころから、ずっと朝の情報番組で「大空お天気」のコーナーを担当してきたのだけれども、今度、ステップアップをするために、気象予報士の資格を取ることにしたんだ。でも、アイドルのお仕事と試験勉強の両立は大変で、もう試験は三日後だというのに、まだ自信が持てていない。

「うう……もう夜9時か……」

参考書から視線を外し、左を見る。そこには、主が不在のベッドがある。

「今頃、スミレちゃん、スタジオでレコーディングしてる頃かな……」

スミレちゃんはアルバム制作で、なんと、アメリカは西海岸のロスアンゼルスに行ってるんだ。だから、しばらく戻ってこない。いいなあ、アメリカ、西海岸……青い海、白い雲、そんなのロスじゃ日常茶飯事だぜ!……いけないいけない、今は勉強に集中しないと……。

そんな時……

――コンコン

と、部屋の扉がノックされた。

「はーい、どうぞー」

――ガチャ

「やっほー、あかり、勉強捗ってるー?」

そう言いながら入ってきたのは、星宮先輩だった。

「あっ、星宮先輩、お疲れ様です」

「もー、他人行儀だなあ、ちゃんと『いちご』って呼んでよ」

「じゃ、じゃあ……いちご!」

「うんうん」

「うう……それで、星宮先輩、じゃなかった、いちご……は、どうしてここに?」

「あっ、そうだった」

そう言うと、一度、扉の外に出て、廊下からワゴンを運び込んできた。

「ジャーン、夜食の差し入れでーす」

「わー、ありがとうございます!」

「これは、寮のキッチンを借りて作ったのり弁とお味噌汁。おいしいよ」

「星宮先輩……じゃなかった、いちごの手料理なんて、私、感激です!」

「フフッヒ」

2

「ごちそうさまでした」

「おそまつさまでした」

そうして、私は机に向き直る。

「じゃあ、私、そろそろおいとましようかな」

そういって帰っていこうとする星宮先輩を、何となく引き留めてしまった。

「あ、あの、星……いちご!……今日はその、スミレちゃんもずっと海外に行っていて、居なくて……もう少し、一緒にいてもらえますか?その……勉強が捗らなくて、少し不安で、さみしくて……」

すると、星宮先輩は、天使のような微笑みを浮かべて、

「じゃあ、ちょっとだけだよ……あかりは、ホント、甘えんぼさんだなあ」

と言って、スミレちゃんのベッドに腰かけた。

そのまま、何をするでもなく星宮先輩は私のことを見守ってくれている。そんな中、私は勉強を開始する。

……

うう、難しい……。自然と眉間にしわが寄ってきて、鉛筆で頭をつんつんしたり、髪の毛をわしゃわしゃとしてしまう。

「あかり、大変そう……」

星宮先輩が独り言を言っているが、私の耳には入ってこなかった。

「えーと、なんかあおいが、この間、こういうシチュエーションにぴったりな言葉をネットで見つけて、『馬鹿だよねー』って言いながら、私に見せてくれたような……なんだったかな……まあいいや、たぶんこんな感じだったよね」

突然、星宮先輩は立ち上がり、頭を掻きむしっている私の横に立った。

その気配を感じて、私は顔を上げる。

そして、星宮先輩は言った。

「あかり、大丈夫?おっぱい吸う?」

はい?

一瞬、星宮先輩が何を言ったのか分からなかったけど、次第に脳内で構文が解析されてきた。

星宮先輩の……おっぱい……おっぱい……ごくり……。

「……って、私、なんか間違えちゃった気がする!忘れて!忘れて!」

という星宮先輩の声も私の耳には届かず、私は

「あの、私……いちごのおっぱい、吸いたい!」

と言った。

3

しばらくして。

「じゃあ、ちょっとだけだよ……」

上半身裸になって、両手をクロスさせて胸を隠している星宮先輩が、恥ずかしそうに私の横にやってきた。

「それじゃあ……はい、どうぞ!」

そう言うと、右の乳房を持ち上げて、私に差し出してきた。星宮先輩の乳房……綺麗……。

「そ、それでは、い、いただきます!」

――ぱくっ

「きゃっ……」

赤い野いちごのような、その控えめなつぼみを、私が口に含むと、星宮先輩は、小さくかわいい声を上げた。

――ちゅーちゅー……

星宮先輩のおっぱい……おいしい……。もちろん、母乳が出たりしているわけではないけれど、何か、甘い味がするような気がする。

「あ、あかり、くすぐったい!そんなに吸っても、何もでないよ!」

それでもお構いなしに、吸い続ける。

――ちゅーちゅー

最初はくすぐったそうに体をもじもじとさせていた星宮先輩も、次第に慣れてきたみたい。やがて、私の頭を撫で始めた。

「ふふ、あかりったら、本当の赤ちゃんみたい……」

そう言った星宮先輩の顔を見上げると、そこには、天使の微笑みが……いや、そこには、確実に、母性が宿っていた。これが……これがバブみというものなのね!

――ちゅーちゅー

次第に私の顔もほころんできて、存分にリラックスできた気がする。でも、無情にも、星宮先輩はここで、おっぱいを私の口から引き離す。

「はいっ、もうおしまいっ」

「ええー、あかり、もっといちごのおっぱい吸いたいよお!」

「だーめ。続きは、勉強が終わったらね!」

「はーい」

……その後の勉強は、すごーく捗った。すごい、星宮先輩のおっぱい、すごい……。

4

「というわけで、あかり、無事に気象予報士の試験に合格したみたいだよ」

「三日間、部屋に戻ってこないと思ったら……いちご、何やってるんだか……」

「でも、あおい、すごいね、あの『大丈夫?おっぱい吸う?』って奴。リラックス効果抜群みたい」

「あのね、いちご。あれは『おっぱい吸う?』じゃなくて、『おっぱい揉む?』だから」

「えっ、そうなの?」

「っていうか、キラキラッターで流行ったのも一瞬だけだったし、それに……本当に揉ませたり吸わせたりする人、いちごくらいだと思うんだけど……」

「そうかなあ……でもまあ、あかりも無事合格したし、『大丈夫?おっぱい吸う?』は、おすすめです!」

「どういうオチよ……」